お金の本当に正しい使い方

アロマディフューザーを購入しよう~Command of English~

恋人を自分の部屋に招き入れる時、室内にいい香りがすれば彼女もリラックスしてくれるでしょう。そんなときに役立つのが、アロマディフューザーです。価格も5000円から1万円程度で買えますし、贈り物としてプレゼントしてもいいでしょう。

≪香りを部屋中に漂わせるならアロマポット

インテリアにもなり生活に受け入れやすい人気のアロマディフューザー、様々なものがあるので、用途に合わせたアロマテラピーの器具を探すといいですよ。アロマの香りを部屋いっぱい香らせたい人は、ドロップ式がおすすめです。変わったつぼ型のガラス容器にエッセンシャルオイルをそのまま使うので、水や熱は必要ありません。内蔵ポンプの力で空気中に気化させるので、アロマ成分が薄まることや成分変化もないので香りを存分に楽しめます。
コンパクトなので室内のどこにおいてもマッチしますよ。ただし、ガラスなので扱いには注意してください。ただ、香りがすごく漂うので調節できるものがいいでしょう。デメリットは、オイルの使用消費が多いことです。薄めず使うので、すぐなくなるため賢く使ってください。

≪間接照明にもなるアロマランプ

家具に合うアロマにおいて「アロマランプ」は電球の熱でオイルを温め香りを広めるので、火を使うことがないので安全です。超音波式のようにカルキが飛び散り付着することもしません。特徴として高熱ではないので、じわじわと香りが漂います。アロマポットと同じく、お湯や水にエッセンシャルオイルを数滴たらし使ってください。この種類は間接照明や常夜灯のような機能もあるため、アロマ以外でも利用できます。ランプタイプを選ぶなら、受け皿が広いものを使う方がおすすめですよ。オイルやお湯を入れづらく、容量が小さいとすぐ蒸発をします。間接照明代わりに使え、アロマ効果も期待できるので、使用用途は幅広いです。

≪馴染みあるアロマポット

アロマテラピーで使用するアロマポットは、雑貨店でご覧になった方も多くいるのではないでしょうか。ろうそくに火を灯して、アロマポットにお湯か水を入れ、エッセンシャルオイルを数滴たらします。キャンドルの熱で精油をいれた容器から少しずつ香りが広まり、ほのかに漂ってくるのです。水だと時間がかかるので、お湯を使うようにしましょう。また、好みのオイルをブレンドして楽しむこともできますよ。使用中はポットが熱くなるので、空焚きなどには気を付けてください。

≪手軽で扱いやすい超音波式

今はやりの超音波式は、水の容器に数滴溶かしたオイルを超音波でミストにしてお部屋に拡散させます。熱や火を使わず水と風だけで、お部屋に香りを届けてくれる商品です。アロマポットやランプより優れているそうですが、使用する室内環境によっては限定されてしまいます。手軽で扱いやすいですが、部屋の温度は季節により上がることも考えておいてください。超音波ディフューザーには「フィルター」を使うタイプもあります。これは、オイにルを水タンクに溶かしません。取り扱いで注意してほしいのは、長時間タンクの水を放っておくと雑菌が湧いてしまうことです。さらに、水道水だと機械にカルキを飛ばし付着してしまいます。

アロマテラピーといえば、女性がするものだと思ってしまいますよね。ですが、男性でもおすすめできるものです。アロマの香りで男性機能の回復にも一役買ってくれます。EDで悩んでいる男性にとっては、とてもうれしい効能ではないでしょうか。また、念のためにバイアグラも服用すれば、恋人とセックスをするとき、安心しできますね。