お金の本当に正しい使い方

ボールペンで大人の男性をアピール!~Ball-point pen~

大人の男性には「こだわり」があります。こだわりを持たない男性は何となく印象も薄く、少なくとも女性の興味を惹くことは出来ないでしょう。

しかし、「こだわりがないのは昔から」と諦めている人も多いのです。それではいけません。諦めた時点で、あなたは男性としての魅力を放棄したのと同じなのです。そこで、少しの出費で「大人の男性」をアピールしてはいかがでしょうか?

≪3000円で文房具!~Stationery for 3,000 yen~

仕事で普段から使っているボールペン、皆さんはどんなものを使っておられますか?まさか大人の男性なのに、「100円ショップで売っていたやつ」という方はいないでしょう…と思いきや、実際はそのような男性が多いのです。あるいは「コンビニで売っていた」という方も多いでしょう。

日本の職場では、目立ちすぎる個性は嫌われます。チームワークを大切にする国民性であるため、周りの注意を惹き過ぎるのはダメなのです。しかしちょっとしたところで「おっ?何それ?」と、周りの注意を惹くことはOKでしょう。

では具体的にそれは何か?それこそ「文房具」なのです。とくにスーツの内ポケットに忍ばせているボールペン、ここには大きなこだわりが欲しいものです。手帳に記入する時などに、サッと内ポケットから「こだわりのボールペン」を取り出すのです。見せびらかすのはNGですが、ふとした時に「そのボールペン、カッコいいですね」と気付いてくれる人は必ず出てくるはずです。

≪予算は3000円にしよう!~A budget is 3,000 yen~

しかしボールペンの世界は奥が深いものです。高いものになると、なんと10万円以上もするものがあるほどです。さすがにそれはサラリーマンの財布に優しくないため、「ボールペン 3000円」でネット検索してみましょう。

たくさん出てくるはずです。また価格別で様々なボールペンを紹介しているサイトもあるため、ぜひその中からお気に入りの1本を見つけてみましょう。

オススメは「木軸」のものです。持つところが木目調になっており、もちろん本物の木を使用しているため、持った時の温かみが金属のペンとは全く違います。持った感触も柔らかいため、書き心地も良いと感じる方が多いのです。

もちろんそのようなペンが100円ショップやコンビニで売られているはずはなく、周りも「何そのペン?カッコいいね」と思ってくれるでしょう。

上記でも触れましたが、見せびらかすのはNGです。あくまでも周りが自然に気付くまで待っていましょう。

そして誰かが気付いたら、「持つところが木になってるから好きなんだ」とでも答えてください。そうすれば「そのような商品を探すことが出来る人なんだ」という印象を与えることが出来るため、一般的なオッサンとは違い、「ちょっと大人な男性」をアピールすることが出来るでしょう。