お金の本当に正しい使い方

銀行の自動振り込みを利用してみよう!~Bank~

サラリーマンの方、とくに家族を養っておられる方の場合、「毎月のお小遣いから5000円程度貯金できれば、趣味に費やす元手ができるのに…」と思っておられる方も多いのではないでしょうか・
しかし、少ないお小遣いの中からどうやって5000円を捻出して貯金に回せば良いのでしょうか?ポイントは、「もはや使えない状況にする」という点にあります。

≪お小遣いを振込制にしよう!~Pocket money~

毎月のお小遣いを奥さんから現金で貰っている方も多いと思いますが、その場合は「振込制」にしてもらいましょう。奥さんにお給料を渡して、あなたはお小遣い専用の口座を作るのです。そして奥さんに、「ここに振り込んでね」とお願いしてください。この程度の手間なら、奥さんも嫌がることはないと思います。

これで準備はOKです。しかし、この次にこそ「自然と貯金が出来てしまうテクニック」があるのです。

≪使えない状況にするとは?~Not usable~

冒頭でも述べたように、「(お金を)使えない状況にしてやれば自然と貯金が出来る」のは当たり前です。しかし、どうやって使えない状況を作るのか?ポイントは、銀行の「自動振り込みサービス」を利用することです。
自動振り込みとは、「毎月決まった日に、設定金額分を別の口座に移動してくれる」というサービスです。
つまり普通口座の他に定期の口座も開設しておき、普通口座にお小遣いが振り込まれたら、設定した日には自動的に設定金額(5000円にしましょう)が定期の口座に振り込まれるのです。こうしておけば、自然と貯金が出来るのは言うまでもありません。
もう1つ、「流動性の低い資産を買う」という方法もオススメです。たとえばリート(REIT)ですね。不動産投資の一種ですが、少額からでも投資をすることが出来ます。そして不動産投資は、すぐに現金に変えることは出来ません。流動性が低い投資を採用することで、敢えてすぐに使える現金が手に入りにくい状況を作っておくのです。
楽天銀行などの証券会社も併設している銀行の場合は、設定金額を自動的に証券口座に入れることが出来ますし、その中から流動性の低い資産、先ほど紹介したリートや外貨建ての証券などを買っておきましょう。

いかがでしょうか?まずはポイントを復習してみます。

■お小遣いを振込制にしておく
■お小遣い専用の口座を開設する
■同時に定期の口座、あるいは証券口座も開設しておく
■設定日に自動的に振り込まれるようにしておく


こうしておけば、「使いたくても使えない状況」を作ることが可能ですし、最初の数カ月は「お小遣いが足りない…」となるでしょうが、慣れればその金額での「生活のやり方」が分かってくるはずです。つまり数か月間の我慢をすれば、あとは自動的に貯金が積み上がっていくのです。
そうして貯めたお金で趣味を楽しんでも、また家族旅行に出かけても良いですし、使わないまま「いざという時のための資金」として残しておくのも良いでしょう。