お金の本当に正しい使い方

廉価ノートブックを手に入れよう~Cheap_notebook~

以前は10万円、20万円したノートパソコンも、すでに5万円前後から手に入る時代です。社会はデフレから脱しつつあり、少しずつ値段も高騰していますが、廉価版のアイテムが5万円を超えることはほとんどないでしょう。まだケータイしかお持ちでない、という方は、まだリーズナブルな今のうちに、便利なノートパソコンを手に入れましょう。

≪狙うは2コア、オフィスなしのモデル~Go for model~

安いパソコンは、共通して2つの条件を満たしています。 まずは、CPUが2コアである、ということです。パソコンの処理能力を左右するのがCPUの性能ですが、2コアもあれば動画再生・文章作成などの用は充分に果たせます。

次に、オフィスソフトが入っていない、ということです。ワード、エクセル、パワーポイントなどを使う予定がない人には、そもそも不要でしょう。後から必要になれば、廉価版でMS製品と互換性があるキングソフトオフィスなどをダウンロードすればいいだけです。

逆に言えば、安いパソコンと高いパソコンの決定的なギャップは、その2点くらいのものです。ネットの通信速度の速さは回線の性能にも依存するので、パソコン本体では変わりません。この2点の条件を満たすパソコンは、すべてチェックしてみましょう。

≪国産ならばサテライト一択!~Satellite~

東芝のダイナブックは、企業向けに「サテライト」と呼ばれる廉価版ノートブックを生産しています。ネットショップで一般向けにも販売されているので、これをターゲットにしても良いでしょう。安心の国産性で、注文から発送までの流れも非常にスムーズ。あまりデザインにこだわらない人は、ごくシンプルな作りのサテライトが、むしろ要望を満たすでしょう。

≪おすすめのレノボ・シンクパッド~Lenovo sink pad~

かつてのIBM社の高級マシンだったシンクパッドも、今では一般向けにずいぶんと廉価なモデルがリリースされています。ほとんどレノボからの直販でしか買えないので、ホームページから注文しましょう。海外からの発送なので納品まで時間はかかりますが、打ちやすいキーパッド、そしてタフな耐久性は、やはりシンクパッドならではの魅力です。

ノートパソコンが手に入れば、必ずあなたのネットライフは激変します。ブラウジングが格段に楽になり、ネットショッピングも捗ります。必要な品は、すべてネットで安く手に入れましょう。何度も買い物を重ねていると、普通の店舗で買うよりもお金が浮き、結果的に5万円が手元に戻ってくるかもしれません。