お金の本当に正しい使い方

1000円で記述・事務を変える~Metaphrase~

文房具に1000円払ってみれば、世界は変わります。ボールペンやメモ帳に出費すれば記述が楽しくなり、「メモ」の習慣もつくはず。事務仕事をしている方は、ホッチキスやはさみに出費してみても良いでしょう。

あえて1000円払って、普通それ以下の額の「高級品」を買うというのも1つの考え方です。ちょっとしたものでも、お金を払って良い品を選ぶと愛着も湧きます。1000円払えば、文房具などでは特に「価値」の高いものを買えるのではないでしょうか。

≪シャーペン・ボールペンにあえて~M&B pencil~

学生はもちろん、社会人であれシャーペンやボールペンなどの文房具を欠かすことはできません。使用頻度が高いものだけに、3本100円で買ったような安い品を使っているとだんだんとさびしい気持ちになってくるでしょう。安い文房具や紙に書きつける文字は、汚くなりがちです。また、字の乱れは、心の乱れにつながるとも言われます。

1000円も払ってシャーペン・ボールペンを買えば、握るときに自然と「緊張感」が生まれるはず。字もきれいになり、心にもハリが生まれます。また、単純に1000円もする高級な文房具の書き心地は、100円200円の品とはまったく異なるものです。記述が楽しくなり、「大事なことはメモを取る」という習慣が自然に身につきます。
>>>【楽天市場】検索結果 - シャープペンシル 筆記具 文房具・事務用品(1,000円〜1,500円)<<<
>>>【楽天市場】検索結果 - ボールペン 筆記具 文房具・事務用品(1,000円〜1,500円)<<<

≪メモ帳もついでに…~Memo pad~

もし高級な文房具を使った記述の魅力に取りつかれたら、メモ帳にもまた1000円程度払っても良いでしょう。「たかが紙に1000円!?」と目を丸くする方もいるかもしれませんが、高級な紙はしっとりとしていて、滑らかに文字を書きつけることができます。するとまた「メモ」の習慣が強化され、大事なことを忘れるという失敗がなくなります。
>>>【楽天市場】メモ帳 の検索結果 - ノート・紙製品 文房具・事務用品(1,000円〜1,500円)<<<

≪意外に使用頻度が高いホッチキス・はさみ~Frequency of use~

事務仕事をしていると、ホッチキスやはさみは意外なほど多用するものです。ここにそれなりのお金をつぎ込むと、やはり作業が飛躍的に快適なものとなります。すぐ「芯詰まり」を起こすホッチキス、切れ味が落ちるはさみを卒業して、上質な品でサクサクと仕事を進めましょう。デザイン性の高いものもあるので、お好みの品を選んでください。

通常、100円200円の相場のものを、あえて1000円まで引き上げて「質」を追求するのは、なかなか凝った買い物です。大人ならば、そんな余裕のある「もの選び」もアリでしょう。趣味ともなりうる文房具集め…試しに1000円投資してみませんか?
>>>【楽天市場】検索結果 - ホッチキス 事務用品 文房具・事務用品(1,000円〜1,500円)<<<
>>>【楽天市場】検索結果 - はさみ 事務用品 文房具・事務用品(1,000円〜1,500円)<<<