お金の本当に正しい使い方

格安航空券で飛行機代を3万円以内で収めよう~Discount Airlineticket~

旅行に行くときお金はたくさんかかってしまいます。その中で最もかかるのは、交通費ではないでしょうか。遠くに行けば行くほど、料金は高くなってしまいますよね、そんな悩みを解決してくれるのが、格安航空券です。予算に余裕ができて、おいしいものや観光、ショッピングに使うことができてしまいます。では、どんなところが魅力的なのか紹介していきましょう。

≪格安航空券の魅力~Charm~

この航空券の魅力とメリットは何といっても、安く購入できることです。例えば、旅行先やしたいこと、行く時期が決まっているなら、決定したいですね。でも、旅行に使う予算があまり使えないなら、なにかを諦めないといけません。そうなると、充実した楽しい旅行にできない可能性があります。そんなとき、安く目的地まで行けるなら、浮いたお金を別のことに費やせるのです。安い航空券でも、安全に行先まで運んでくれるのは変わりありません。

格安航空券は、ただ安いだけではないです。予約した航空会社や旅行、チケット販売会社によっては、マイルが50%~100%つくところもあります。航空会社のマレージカードを持っている方で、JAL航空券やANA航空券など、航空会社で買ったならより高い還元率のマイルがつくのです。しかし、これは購入先やチケット内容により変わるので、一概に全部とは言えません。格安航空チケットを買うときは、どんなお得プランを選ぶかによっても違います。ですから、事前によく調べて予約・購入したほうがいいでしょう。また、移動先でも過ごしやすい時間を作りたいなら、座席指定できるものをお買い求めください。

≪使う際注意すべきこと~Attention~

安く購入でき便利な格安航空券ですが、いいことばかりではないです。ここでは利用する際の注意点を挙げていきます。旅行に行くときはゴールデンウイークなどに長期休暇を、多くの方が申請するはずです。その時期に、旅行に行くのは他の人も同じなため、旅行客が殺到します。そうなれば、安くする必要がないので金額も高騰してしまうのです。逆に、連休明けは仕事でいけない人が多いため、同じプランでも料金はぐっと下がる傾向があります。休みをうまく使い1日2日でも行く日程を変えれば激安で旅行に行けるのです。より早くいい条件で、購入するようにしたいですね。そのためにも、普段からいつから発売するかアンテナを張り巡らせるといいでしょう。

格安航空チケットといえば、ただ飛行機のチケット料金が安いだけと思っていませんか。売っている場所の手数料が違うだけと認識してる人も多いはずです。同じ紙の格安航空券でも、中身のサービスが違います。予約の変更・キャンセル可能か、機内食はどうか、荷物の重さの制限の範囲、別途料金がかかるもの、フライトマイルがたまるかそうでないか、細かく上げればいろいろ挙げられるでしょう。インターネットで格安の航空券を探せばたくさんの量があるので、注意してください。

格安航空チケットは、日程の変更ができないものもあります。内容によっては、座席の指定が事前にできない、席の指定場所が限られてしまうのです。また、手荷物の大きさや重さに制限がある、機内食などのサービスがない、お金がかかることもあります。しかし、航空会社によっては、預ける荷物は正規航空券や機内サービスも同じであることもあるため、全部当てはまると言えません。ですから、格安の航空券の中でも、自分に合ったスタイルのものを選ぶことが重要です。