お金の本当に正しい使い方

電子書籍でいつでもどこでも即読書!~Electronic book~

スマートフォンやタブレットがあるなら電子書籍での読書を楽しんでみましょう。一般的な文庫本であれば、500円前後で購入することができます。いつでもどこでも手軽に読書を楽しむことができますので、非常にオススメです。

≪Kindleで電子書籍を購入してみましょう~Kindle~

電子書籍には現在さまざまなストアがありますが、中でもAmazonが運営するKindleストアが最も有名です。購入方法は非常にシンプル。まずはサイトにアクセスし、欲しい電子書籍を捜します。もしもご希望の本が電子書籍化されていたら「1clickで購入する」をクリックしましょう。これだけで購入は完了です。

購入した電子書籍は自動的にKindleアプリのインストールされた端末に転送されます(アプリのダウンロード方法はそれぞれの端末で確認してください)。アプリを開き、本の表紙(もしくはタイトル)をクリックすればすぐに読書が可能となります。欲しい本をわざわざ書店に探しに行く手間が省けるので、非常に便利であると言えるでしょう。

≪いつでもどこでも楽しめる新しい読書の形~New reading~

電子書籍のメリットはなんと言っても本を持ち運ばなくても良い点です。スマートフォンひとつあれば、わざわざカバンに重たい本を入れる必要がありませんので、いつでもどこでも手軽に読書を楽しむことができます。

さらにアプリが対応していれば、読了箇所を端末で同期させことも可能。自宅にあるタブレットである程度まで読み進め、通勤中に続きを読むといった読書の仕方ができます。複数台デバイスを所有している人には非常に便利と言えるでしょう。

≪専用の端末も要チェック!~Terminal~

KindleやKoboといった、電子書籍リーダーという端末も発売されています。電子ペーパーという特殊なディスプレイを搭載することで、通常のディスプレイにくらべて発光が少なく、目に優しいのが特徴です。

ただし注意しなくてはいけないのが、それぞれの端末に対応したストアの電子書籍しか読むことができない、という点です。例えばKindleを購入した場合には、必ずKindleストアで電子書籍を購入する必要があります。もしも欲しい本がそのストアで販売されていない場合には読むことができませんので気をつけましょう。

≪電子書籍は経済的?~Economically~

電子書籍の値段はその本によりまちまちではありますが、基本的には紙の書籍の定価よりも安く設定されているのが一般的です。そのため、新品を購入するよりも安く読むことができます。こうした意味では、お財布にも優しい購入方法と言えるでしょう。

しかし、普段から「本は読んだら売る」というスタイルで読書を楽しんでいる人にとっては非経済的とも言えます。電子書籍は売却をすることができませんので、結果的にお金がかかってしまうという場合もあります。また、はじめから中古本を買うのが最も安く本を手に入れられる方法であることは言うまでもありません。

電子書籍は今後ますます普及していくことが予想されます。すでにスマートフォンやタブレットをお持ちの場合は、アプリをダウンロードし、ストアで購入するだけですぐに読書をはじめられるでしょう。500円程度からスタートできる、新しい本の読み方をぜひお試しください。