そのお金の本当に正しい使い方

お金の本当に正しい使い方

3万円で健康になる方法~healthy method・30,000 yen~

3万円の予算があれば、生活をずいぶんと健康的なものにできるでしょう。こればかりは一度損なうとより多くのお金(医療費)が掛かってしまうので、毎日の心がけで体調不良は未然に防ぎたいものです。3万円でできる健康への投資法をいくつか紹介しましょう。

≪クロスバイクで快適通勤~By cross bike~

最近は「エコ」「ロハス」などの概念の流行もあり、自転車が1つのブームとなりつつあります。特にもてはやされているのは、クロスバイクと呼ばれるジャンルのマシンです。推進力がママチャリのような普通の自転車とは一線を画し、とにかくスルスルと行動できます。坂

道も狭路も、まるで自分が風になったかのようなスピードで進むことができるでしょう。

毎朝クロスバイクで通勤する習慣が身につけば、体にも良い運動になります。体力も身につき、足腰も強くなるでしょう。特に、徒歩での移動に苦痛を感じている中高年の男性にはおすすめできる投資法です。ブランドやデザインにもこだわって選びましょう。

3万円あれば、あるいは原付バイクの中古品も手に入るかもしれません。しかし、バイクへの投資はあまりおすすめできません。維持費も少なからず掛かる上、故障すれば、経済的な負担も大きくなります。防犯登録だけ済ませばさほど維持費がかからない自転車がベストです。

≪人間ドックで病気を予防~Prevent a disease~

体調に大きな不安を抱えている人は、一度人間ドックを受けてみましょう。3万円程度の金を支払うことにはなりますが、それでもガンなどの厄介な病気を早期発見できれば、結果的には節約に繋がります。また、「異常なし」という結果も、生活に安心感を与えてくれるでしょう。あらゆる意味で、必ず「ムダ」にはならない投資だと言えます。

その他、肩こりや腰痛を感じている方は整体を受けてみても良いでしょう。オーバーエイジの男性の中には、セックスの際に勃起不全に襲われる方もいるかもしれません。クリニックや泌尿器科でバイアグラを処方してもらうのも、「心の健康」に繋がってきます。こうした医療機関をいくつか巡って心身の「憂い」を失くすのも、有益な投資法でしょう。

健康をおろそかにすると、ふとしたきっかけで生活のすべてが崩れることもあります。3万円は大金ですが、それで健康を買えるのだとすれば、決して高くはない投資です。