お金の本当に正しい使い方

高級ランチで楽しむ2人の時間~Highquality lunch~

予算が5,000円から1万円と考えるならば、高級レストランやホテルのランチを2人で楽しむことをおすすめします。ランチならば、ディナーにはちょっと敷居が高いところでも予算内で楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

≪ディナーは無理でもランチなら予算内~Within the budget~

ディナーはさすがに敷居が高過ぎてなかなか足を運ぶことができない高級店であっても、ランチならば案外お手頃な価格で利用できたりします。ディナーで利用する前に、ランチを利用することでそのお店の雰囲気や味を吟味することもできるでしょう。

気になる高級店があるならば、まずはランチから試してみることはメリットがたくさんあるのです。それに、ランチは多くの人が利用するのでディナーほど気負わなくて済む点も良いですよね。

いずれにしても、2人でも1万円あれば素敵なランチタイムを楽しむことができるので、たまには利用してみることをおすすめします。なかには、ランチ限定のメニューを出すところもあります。予算内で、憧れのレストランやホテルの味を堪能してみてください。

≪ランチなら女性と2人で行っても警戒されない~With a woman~

さて、気になる女性がいて食事に誘おうと思っても、ディナーだとちょっと警戒されてしまうこともあるでしょう。やはり、いきなり夜のデートとなると、どうしても一歩引かれてしまうことは否めません。

その点、昼間のデートになるランチだったら、女性側も気楽に応じてくれる可能性が高くなります。もしも2人で行っても、共通の知りあいに見つかっても、ランチならばさほど問題にならないでしょう。

それに、高級レストランやホテルのランチ、というものに女性は弱いのです。ディナーになると遠慮する人も、ランチなら行ってみたいという話を良く聞きます。こうした女性心理を考えると、高級レストランやホテルのランチデートは、変な下心を感じさせることもないのでOKをもらいやすいとも言えるでしょう。

≪時間が限られていることも良い方向に働く~Time is limited~

ランチタイムは、時間が限られています。なので、ディナーのときのように自由にゆっくり楽しむわけにはいきません。とはいえ、食事を楽しむには十分な時間はある、という絶妙なバランスが良いのです。

この、時間が限られていることが良い方向に働くのです。時間内に、食べられる量であることもさることながら、2人で行ったときに妙な間ができることを避けることができるでしょう。2人で食事を楽しんで、ちょっと会話をしてランチタイムが終わる、このぐらいの時間が適当なのです。

人は、あまりに暇な時間やだらだらと過ごした時間があると、一緒に過ごした相手に対してあまり良い印象を残しません。すでに長年付き合った恋人や夫婦のような信頼関係ができているならまだしも、まだそれほど関係性ができあがっていないのならばなおさらです。時間が限られたランチタイムだからこそ、料理の内容にも集中できるし、相手にも好印象を与えやすいのだと覚えておきましょう。

≪まとめ~Summary~

1万円以内の予算があるならば、たまには気になる女性と高級ランチを2人で楽しんでみると良いでしょう。ディナーに誘うよりも気軽にOKをもらいやすいですし、本当の意味で食事や会話を楽しむことに集中できます。高級レストランやホテルの味を、お手軽な価格で味わえることもランチの大きなメリット。大切な人と、ぜひ高級ランチを楽しんでみてはいかがでしょうか。