お金の本当に正しい使い方

スマホの「不便さ」を補う3つのグッズ~Inconvenient~

今や世の中にすっかりと浸透したスマートフォン。しかし、デバイスを丸裸で持っているだけでは、新時代に対応できません。予備バッテリー、液晶保護カバー、そしてタッチペンを手に入れて、100%スマホを活用しましょう。

スマートフォンは便利なアイテムです。しかし、「新しい便利は新しい不便を生む」という言葉にもある通り、いろいろと厄介な問題もあります。店から貰ったノーマルの状態で使い続けている人は、むしろ少数派ではないでしょうか? スマホの「不便さ」をカバーし、より使いやすくする3000円以下の補助アイテムを、いくつか紹介しておきます。

≪もしものときの予備バッテリー~Spare battery~

スマホの最大の弱点は、バッテリーの寿命が短いことでしょう。実際は従来のケータイと大差ないと言われていますが、どうしても触る機会が多いので、すぐに電池を消耗してしまいます。重要なタイミングで充電切れの苦汁を舐めた人も、きっと多いでしょう。

3000円前後で予備バッテリーを手に入れておけば、出先で電池が切れたときにも安心です。外に出かける機会が多い人は、必ず手に入れておくべき品ではないでしょうか?

≪液晶保護! カバーは欠かせない~Cover-protector~

スマートフォンは、大体において画面がむき出しになっています。それなりに丈夫に作られているとは言え、ちょっとした衝撃で割れることも少なくありません。この悲劇を防ぐためには、カバーをかけて防護するのが一番です。よく背面カバーだけを装着している人を目にしますが、いくらオシャレでも、液晶が割れてしまっては意味がありません。

3000円程度払えば、スマホを全面防護するカバーも手に入ります。特に仕事でガシガシと利用する中高年の男性は、渋い「味」も出るレザーのカバーがベストでしょう。

≪意外に便利なタッチペン~Touch pen~

慣れてくると、指での文字入力もそこまで苦痛ではありません。しかし、ある程度以上大画面のスマホをお持ちの方には、タッチペンの携行をおすすめします。出先で素早くメールを打たなければならないとき、また情報検索やメール作成などを次々とこなす必要がある際には、指での操作では効率が落ちます。ビジネスマンには欠かせないアイテムです。

スマホはこれからも進化を遂げ、より多機能な製品が現れるでしょう。しかし、その分ますます不便も増えてくるはずです。新時代に対応するためには、ただデバイスを持っているだけでは不十分。アクセサリーにも投資して、快適なスマホライフを送りましょう。