お金の本当に正しい使い方

純金積立で分散投資を学ぶ~Pure gold savings~

皆さんは、「純金積立」をご存じでしょうか。純金積立とは、毎月一定額を決めて純金を買い付けることです。相場が変動しても、一定額で買い付けることができるので、長く続けていればいるほど分散投資ができることになるでしょう。純金積立には、メリットもたくさんありますよ。

≪金に投資することは低リスク~Low risk~

投資の中でも、金に投資することは比較的低リスクと言えます。金は、いつの時代も需要があります。しかも、世の中が不景気になって株価が下がると金の価値が見直される傾向にあることも覚えておいてください。

今は、金投資も純金積立のような形で気軽に行えるようになりました。毎月決まった金額を設定することで、自動的に金を買い付けてくれるので、いちいち自分で購入タイミングを決める必要がありません。

リスクの低い投資法で、かつ、最初に手続きをしてしまえばあとは定期預金のように自動的に投資をしていくことが可能です。なんとなくお金を遣ってしまって手元に残らない、という人ほど、純金積立が向いていると言えるでしょう。

≪相場が変動しても一定金額で買い付け~Constant amount of money~

純金積立は、金相場が変動しても一定額で買い付けることができます。相場が高いときは少量になりますが、反対に相場が低いときは多くの金を買うことができる仕組みですね。これは、いわゆる分散投資のひとつとも考えられます。

株式投資の場合は、常に株値が変動していて、一定金額で買い付けるということは一般的には無理になります。社内の持ち株制度のような特殊な制度以外は、その時の時価で買い付けをしなくてはなりません。株の場合は、安いときに買って高く売ることで大きな利益を得ることが可能な反面、会社が倒産したら株価がほとんどなくなることもよくあります。つまり、リスクが高い投資法と言えますよね。

そう考えると、純金積立はリスクの少ない投資法であると同時に、株式投資などリスクの高い投資法を行っている人にとっても、格好のリスクヘッジになるでしょう。株式投資をしていない人でも、安心して参加できる投資のひとつでもある純金積立で、分散投資を学んでみるのも有意義ですよ。

≪いつのまにか貯まる&好きなときに売ることも可能~Save&Sell~

純金積立は、定期預金のようにいつのまにか貯まっていて、かつ好きなときに売ることができます。現金以外の方法で毎月一定額を積立ておくと、いざというときにとてもありがたいものです。なぜ純金積立が良いのか、というと現金預金のようにすぐに下ろすことができないからですね。

いつでも売ることができるといっても、純金を売らなければ現金化できないわけです。純金積立口座を持っている会社に、純金を売りたい旨を告げないといけないので、そこでワンクッションあるからですね。でも、けっして現金化が難しいというのではありません。現金を下ろすよりは、少し手間が掛かる程度だと覚えておいてください。純金積立は、手元に置いておいたり、現金預金で預けておいたりするよりは、手が付けにくい財産になるでしょう。

≪まとめ~Summary~

純金積立をすることは、リスクが低い投資方法としてたくさんの人が行っています。株式や投資信託のようなギャンブル性は乏しいのですが、その分暴落するリスクも少ないと言えるでしょう。金は、いつの時代も一定の需要があります。好きなタイミングで売ることもできるので、上手く行えば利益を出すことも可能です。そろそろ、純金積立で金投資を始めてみることも検討してみてくださいね。