お金の本当に正しい使い方

靴のこだわりは紳士として最低限の身だしなみ~Feelings of shoes~

「靴、靴下、下着は良いものを身につけろ」と言われたことはないでしょうか?ではなぜ、靴などにこだわりを持った方が良いのでしょうか?

ここでは靴へのこだわりの大切さと、ある業界人から見た「靴をチェックするわけ」を紹介していきます。

≪足元の乱れは全ての乱れ~Disorder of the step~

なぜ靴と靴下にこだわりを持った方が良いのでしょうか?それは、「足元の乱れは嫌がられる」という考え方が世界中で広まっているためです。
ではなぜ、そのような考え方が広まったのでしょうか?諸説ありますが、よく言われるのが「細かいところに気が回らない人格」と思われるためです。

また下着は、普段は人に見せることはありません。だからこそ油断しがちなポイントであり、良い下着を身に付けることで「いつでも見せられる=いつでも準備できている」という意識が自然と身に付くのです。
日本でもこの考え方は広まっており、サラリーマンの方でも「靴をチェックすれば仕事ができる人間かどうかが分かる」と言われるほどなのです。
そこで、少し大きな出費になりますが、5万円を予算として靴を新調してみましょう!サラリーマンの方の中には、「安い靴屋さんで9800円だった」という人も多いと思いますが、それでは他のサラリーマンの方と自分を差別化することが出来ません。結局、あなたも「その他大勢の一人」となってしまうのです。

≪AV業界のスカウトマンは靴を見る~Talent scout man~

AV業界も不況が続いていますが、それでもスカウトマンたちは今日も街に出て女の子を探しています。
そんなスカウトマンの話によると、「顔がキレイか?スタイルは良いか?」は特に大きなチェックポイントにならないのだそうです。なぜなら、どんなに美人でもどんなにスタイルが良くても、AV出演OKとならない限り意味がないためです。
つまり「出演してくれそうな女の子」こそ、スカウトマンたちの最大のテーマなのです。そのポイントが「靴」であり、「どんなにカワイク化粧をしていても、足元が汚れている子は出演OKの可能性が高い」と言われています。

上記で「足元の乱れは全体の乱れ」と述べましたが、AV業界のスカウトマンたちの話であれば説得力があります。それほどまでに、足元の乱れはあなたの評価を下げることになるのです。

いかがでしょうか?やはり靴、靴下、下着は良いものを身に付けましょう。奥さんが納得してくれない場合は、夫婦で一緒に買いに行っても良いかもしれません。あなたに豪華な仕事用の皮靴を1足。奥さんにもお気に入りの1足を買えば、お金は2倍近くかかりますが夫婦共に満足できます。
足元がしっかりしている人は、ただそれだけで他のサラリーマンと差別化することが出来ます。5万円と聞くと「高い…」と思ってしまいそうですが、その出費は仕事で取り返せば良いのです。5万円の靴を買って、仕事がはかどるなら費用対効果としては十分ではないでしょうか?