お金の本当に正しい使い方

月3000円以下でスマホを使おう~Smartphone~

スマートフォンは月々の利用料金が高いため、負担が多くかかり悩んでいる方も多いと思います。そんな人は、大手携帯会社から格安スマホに乗り換えてみませんか。ここでは格安のメリット、デメリットを紹介します。よい点、悪い点を理解し、問題ないのなら買い替えも視野に入れると良いでしょう。

≪格安スマホのメリット~Merit~

格安スマホ最大の魅力は、月額料金が安いことでしょう。大手携帯会社なら6000円~7000円ほどかかりますが、こちらは毎月2000円~3000円で利用可能です。

大手携帯会社の複雑な料金プラン、きちんとわかる方はどれくらいいるのでしょうか?おそらく、ほとんどいないのではないかと思います。それに対し、格安スマホは非常にシンプルです。使えるデータ容量、音声通話の有無、セットになる端末などによって違い、用意されているプランは、きちんと整理されていて理解しやすくなっています。料金のシミュレーションを立てる必要はなく、自分に合ったものを選ぶだけです。

ほとんどの格安スマホは、090/080から始まる電話番号で通話ができます。そして今まで使っていた番号を引き継ぐ仕組みのMNPに対応するため、これまでの電話番号を移行できるのです。ただし一部には、090/080からによる通話でなく、かわりにIP電話という、インターネット回線を利用する電話を採用しているもので注意してください。

≪格安スマホのデメリット~Demerit~

では、格安スマホのデメリットは何なのでしょうか?大手携帯会社はプランにもよりますが、1か月で7GB前後使えます。一方、格安スマホは3GBが主流です。少ないものだと、1GB以下のところもありますし、多いと10GB、あるいは無制限に使えるところも。そして、外でインターネットを通信速度は、事業者が絞るためやや遅いです。安いスマホの通信では、外で利用すると限られた電波帯域にたくさんのユーザーがいるため、1人当たりのデータ容量が少なく、速度が下がってしまいます。早朝や夜中など、人が少ない時間割と良いですが、昼間や夕方は混み合うので、繋がりにくくなるのでしょう。そのため、外出先は快適にネットが楽しめません。外でインターネットをあまり使わない、自宅などのWi-Fiの通信がメインなら、あまり気にならないでしょう。通話は、音質が少し悪く、緊急電話ができません。ですが、普段あまり電話をしない方は、それでも満足できるでしょう。

大手携帯会社で購入できるスマートフォンは、どれも素晴らしい機種が多いです。性能が高いハイエンドモデルが中心で、頻繁に使うユーザーは満足できるものでした。格安の端末は、性能が中程度のモデルがメインです。より性能を抑えた、ローエンドモデルも多くあります。安い端末でも性能が高いのもありますが、数機種しかありません。性能に比例し、値段も変わるため低い性能でも満足できますよ。そういう意味では、デメリットではなくメリットと考えることもできるでしょう。また、料金が安いものだと、メールアドレスを利用できないところが多いです。しかし、無料で使えるメールアドレスサービスを、代わりに利用すれば問題ありません。

どうでしたか?大手携帯会社の物と比べると性能は下がってしまいます。ですが、格安スマホのデメリットを支障と感じないなら、買い替えを検討してはどうでしょうか。