お金の本当に正しい使い方

音楽を聴くスピーカーにこだわろう~Speaker~

予算が1万円もあれば、スピーカーが購入できちゃいます。室内で音楽を聴くとき、いい音質で楽しみたい方はスピーカーにもこだわりたいはずです。どうせ買うのであれば、音質にこだわってみませんか。

≪ブックシェルフ型とトールボーイ型

オーディオ用やホームシアター用のスピーカーには「ブックシェルフ型」と「トールボーイ型」があるのを知っていますか。聞き覚えがなくても、きっとどこかで見たことはあるはずです。ブックシェルフ型は、ミニコンポの両側に設置するタイプです。本棚に収まる大きさのためそう呼ばれています。コンパクトなものから大柄なものまで様々です。基本は、スピーカースタンドの台の上に乗せるか、机の上に置き使います。トールボーイ型は、ホームシアターで画面の両脇に置くような背の高いタイプです。音が出るユニットが複数ある機種が多くあります。もっとどっしりした大型の床置きタイプは、フロア型と呼ばれているそうです。

≪それぞれの特徴

スピーカーの能率を語るときよく使われる例えですが、「大きな太鼓は軽くたたいても大きな音が出る。しかし小さな太鼓から同じ音量を出そうとすると、それよりもっと強い力でたたく必要がある」といわれているのです。これは低音でも同じことがいえます。波長が長い低音は、発生させるため多くの空気を動かす必要があるのです。トールボーイ型はその容量を生かし、低音を楽に出る機種がたくさんあります。しかし、ブックシェルフ型はコンパクトでウーファーユニットの口径が小さいため、小さなスピーカーで低い音を出すのが難しいです。技術的な用語ですが、個々の楽器や歌い手の位置を、ステレオ環境で疑似的に再現することを定位といいます。演奏を目の前でしていないのに、楽器の位置を指で示せるくらい正確に感じ取れるのは、秀でたスピーカーといえるでしょう。音の出口がコンパクトなブックシェルフ型は、定位に優れています。トールボーイ型はユニットが多く音の出る位置がばらつくので、そのぶん定位の表現が困難です。そのため、向かい合い音楽を聴くにはブックシェルフ型が向いています。ただし、音楽によっては重低音が必須なときもありますし、広々とした音場表現のためにトールボーイを選ぶことも普通にあるので、一概には言えません。

≪スピーカーによりジャンルの向き不向きはあるの?

初めてオーディオ用のスピーカーを購入したいと思う人にとって、音楽のジャンルの向き不向きがあるかどうかが知りたいことでしょう。自分が良く聴いているジャンルに合うスピーカーはどれか、自分が好きな曲を1番いい感じで聴ける音質の製品を選びたいですよね。ジャンルの向き不向きに関しては、「あるといえばある、ないといえばない」と曖昧にしか答えられません。多くのユーザーが、ありとあらゆる音楽を、色々なもので聴いて楽しむ方が多いからです。ただ、あなたが「こんな風な音質で楽しみたい」と具体的な方向性があれば、その向き不向きを示すことができるでしょう。つまり、音の好みがとても大切な要素となってきます。ショップで、試聴するスピーカーの迫力ある音、精細感を感じるものを試しても、誰でも魅力的に感じてしまうものです。それを自宅で日常的に聞いて、満足するかといえば、そうとは限りません。大事なのは自分の耳になじむ音質で、音楽を楽むこと。自分に合ったスピーカーを購入して、音楽を楽しんでください。