お金の本当に正しい使い方

100円ショップの「落とし穴」にご注意を!~Trap~

昔の100円ショップは、「安かろう悪かろう」が当たり前であり、消費者もそれを理解して利用していました。しかし100円ショップの乱立により競争が激化。今では「えっ!?これが100円なの!」と、驚かされる商品も多く見られます。

ところが、100円ショップだからこその「落とし穴」も存在しており、そこにハマってしまうと思わぬ散財をしてしまう結果になります。そんな落とし穴に落ちないよう、賢い消費者を目指して下さい!

≪100円だから…という心理が落とし穴~Psychology~

100円ショップの落とし穴としてまず思いつくのが、「まぁ、100円だから…」という心理です。100円という響きが「安い!」という心理を引き出し、ついつい余計なものまでカゴの中に入れてしまうのです。
たしかに100円は金額的には安いですし、1つの余計なものを買った程度では問題ないでしょう。しかし「ちりも積もれば山となる」なのです。あなたは、これまで100円ショップにいくら使ったか、計算したことはありますか?
たとえ100円でも、月に10個の余計なものを買えば1000円損することになります。年額で12000円。そして「たかが年に12000円」と考える人は、貯金が出来ない人たちなのです。つまり大きな金額のみを「お金」として考える傾向にあり、12000円という金額が「大切なお金」として見えていない証拠です。

したがって、「これとこれが必要」と決めているなら、それ以外の商品を見ないよう心がけましょう。小さな一歩が、最終的には大きな違いを生むのです。

≪抱き合わせに注意を!~Tie-in~

スーパーに行って、精肉コーナーをのぞいてみて下さい。必ず「焼き肉のたれ」も販売されています。
このように、「これが売れれば、これも売れるはず!」という抱き合わせのテクニックは100円ショップでも活用されています。懐中電灯の棚には乾電池が置いてあり、封筒のコーナーには便せんも置いてあるのです。
しかし冷静になって考えて下さい。乾電池は家に残っていないでしょうか?「あって損をすることがない」と考えるのではなく、「まだ家にあるから買わない」という視点を持つことが大切です。

そして封筒を買った時も、家に手紙用の便せんは本当に1枚もないのでしょうか?よ~く考えて下さい。抱き合わせのテクニックにホイホイ捕まるのではなく、「本当に必要か?」という視点で商品を買うようにして下さい。

≪食品は激安スーパーで買え!~Supermarket~

最近では、食品も100円ショップで取り扱われるようになってきました。しかしチョット待って下さい。
100円ショップで売っている焼き鳥の缶詰、激安スーパーなら88円になっていませんか?100円ショップの食パン、閉店間際のスーパーに行けば、見切り品として半額(100円未満)になっていないでしょうか?
100円ショップで食品類が買えるのは便利ですが、価格に関して言えば、激安スーパーの方が安いケースが多いのです。
100円という響きだけで「安い!」と思うのではなく、金額をちゃんと見て安いかどうかを判断しておきましょう。

いかがでしょうか?たとえ100円ショップであっても、上記のような落とし穴にハマると散財を繰り返すことになります。それが最終的には大きな損失となり、本来なら貯金に回せるお金も浪費してしまうことになるのです。
「たかが100円、されど100円」という視点で、賢く100円ショップを利用するようにしておきましょう!