お金の本当に正しい使い方

100円ショップで旅行用品を揃えよう

いざ旅行に行くとき、必要なモノはどこで購入しますか?旅行用品売り場で買うことも多いでしょう。でも旅行に必要なアイテムは普通よりちょっと高いです。使うのはどうせその期間だけなら、100円ショップで購入するのがおすすめです。

≪荷造りに使える袋や収納は様々≫

衣類などの荷造りに便利な巾着やケースは、100円ショップでも種類はたくさんあります。用途に合わせ選ぶことが可能です。サイズの違う巾着がセットのトラベル用の巾着、メッシュ素材で中身が見えるタイプ、透明のジッパー付ビニール袋は衣類の他、液体類などの持ち運びに使え、カラーバリエーションもたくさんあります。家族旅行などでは、色分けし誰のものか判別できるようにするといいでしょう。彼女と旅行へ行くのなら、EDに悩んでいるのなら、万が一の時に備えバイアグラも常備しておきたきたいところ。いざというとき、パフォーマンスを発揮できず困ってしまうのは、自分自身です。薬を入れるのに便利な薬のケースもあるので、用意しておけば、なくすことはなくなるため安心ですね。冬の旅行は衣服がかさばるので、圧縮袋もあるといいでしょう。

≪移動中もこれで快適に過ごそう≫

旅の移動中は、できれば快適に過ごしたいですよね。移動時間が長くなるバスや飛行機に乗るとき、周囲が気にならないよう耳栓やイヤホン、アイマスクがあると役立ちます。社内泊や機内泊があるなら、肩こり対策として首枕、足元はスリッパに履き替え、リラックスして過ごしましょう。首枕は空気でふくらますものなら、かさばることはありません。また、有痛が気になる人は、背中・腰用のエアクッションがおすすめです。

≪持ち運びをコンパクトにしましょう≫

旅行にもっていく荷物は、できるだけ軽くしたいです。シャンプーやリンスなどは容器に移し替えると、かさばらずに国内線に持ち込むことも可能です。移し替えたら、液漏れに備えジッパー付きのビニールに入れれば問題ありません。特に飛行機は、気圧の関係で容器が膨張し、ふたがふくらみ緩むことがあります。移し替えるときはギリギリまで入れず、少し隙間を残しておきましょう。ただし、機内への液体の持込は「100ml以内の容器に入れて、容量1リットル以下の透明なポリ袋に入れて持ち込むこと。袋は1人1袋までと定めています。」また、買い物をして荷物が増えたなら、荷物まとめベルトでスーツケースにひっかければスマートです。エコバックも一つ忍ばせておけば、モノが増えたときに使えるでしょう。

≪あると便利なグッズ≫

100円ショップには、量先で意外と役立つアイテムがたくさんあります。ここではあると便利な100円グッズを紹介していきます。洗濯ネットは、着用した衣類をそのまま入れればポンと入れるだけなので、スムーズに洗えます。たくさんの種類がありますが、おすすめなのは衣服を保護するWメッシュのもの。メッシュが二重で洋服に優しく、中に衣類を入れてもすけません。様々なカラーや、形が揃っています。旅行でなくとも、普段自宅で使えるので、買って損はありません。何かとあって便利なのが、シリコン製の折りたたみコップです。たたんだ状態は、平べったく手のひらに収まるのでかさばりません。歯磨きやうがい、外国だと、衛生面が不安でコップを使いたくないときにも使え安心です。また、コップにする途中の状態なら、安定するいい器にもできます。お菓子やつまみを入れるのに良いでしょう。

いかがでしたか?他にも万が一のとき使うもの、季節性のあるものはリーズナブルな100円ショップで、揃えるのがいいですよ。是非近くのお店で探してみてください。