お金の本当に正しい使い方

アプリでスマホをもっと便利に!~useful~

スマートフォンをより便利に使いこなしたいのであれば、有料アプリの購入を検討してみましょう。もちろん、無料でも優秀なアプリは多数リリースされていますが、有料であればこその使い勝手の良さや多機能など、さまざまな恩恵を受けることができます。仕事もプライベートをスマホでより快適にしてみませんか?

≪編集や確認ならスマホで十分!Officeアプリ~Office app~

スマートフォンはある意味で「小さなパソコン」と言えます。ガラケーの頃にはできなかったさまざまなことができるようになりました。その一つがOfficeソフトによる書類の作成です。

iPhoneユーザーであれば、Apple純正のOfficeソフト「Numbers」「Pages」「Keynote」を購入してみましょう。確かに小さなスマートフォンの画面では、一から書類作成をするのは難しいと言えます。しかし、ちょっとした手直しや内容の確認であれば十分に行えるでしょう。Androidにも多くのOfficeソフトが用意されています。無料のものでも良いですが、キングオフィスなどのアプリを購入すれば、デスクトップ版と同じような機能を使えることができるので非常に便利です。

ただし、上記のアプリはあくまでOffice互換ソフトであることに違いはありません。PCで作成したMicrosoftOfficeの書類を100%再現できる訳ではありませんのでご注意ください。あくまでサブ的な利用として購入されることをオススメします。

≪メールクライアントにもこだわりを!~Mail client~

標準のメーラーでもある程度のことは可能ですが、フォルダの振り分けや添付ファイルの扱いなど、使い勝手を良くしたいのであれば有料メーラーも検討してみましょう。

iPhoneであれば「iBisMail」がオススメです。残念ながらプッシュ機能がなくなってしまいましたが、メールの振り分け設定を行いたいのであればぜひ導入を検討しましょう。また、新規・返信・転送メールの作成時に独自の変数を割り当てることができますので、「○○様」といった宛名書きを自動で追加することも可能。この他にもDropBoxやATOK Pad連携など、便利な機能が満載です。

≪健康管理もアプリにお任せ!~Health care~

スマートフォンは常に持ち歩く、という使い方をします。そのため、健康管理アプリとの相性は非常に良いと言えるでしょう。例えば、ランニングを行っている人であればRuntasticというアプリがオススメです。どのようなルートをどれくらいの速さで走ったか、それによるカロリー消費量は?といったことがアプリを起動しておくだけで記録することができます。「昨日はこれくらい頑張ったから、今日はそれを超えてみよう!」といったモチベーションアップにも繋がるでしょう。その他にも、体重を記録したり一日の摂取カロリーを調べたりするのに便利なアプリが数多くリリースされています。

こうした健康管理は不規則な現代人にとってはもはや必須とも言えます。例えば、現在日本の成人男性の4人に1人がEDという症状を抱えているというリサーチ結果があります。原因はさまざまですが、その中には生活習慣病が深く関わっているとも言われています。EDに限って言えば、バイアグラといった勃起治療薬を服用することで改善が見込めますが、薬による対症療法だけでなく生活習慣の改善も合わせて行うのが望ましいです。スマホアプリを購入し、健康維持を図ることはとっても有意義な自己投資とも言えるでしょう。ひとつ注意していただきたいのは、いくら便利だからといってバイアグラのように処方箋が必要な薬をネットで購入しないこと。飲み合わせによっては危険な薬もありますし、正規品でないものもネットでは出回っていますから、専門医に処方してもらうようにしましょう。

スマホアプリを上手に活用すれば、仕事やプライベートで非常に役に立つと言えます。無料のものも良いですが、しっかりと使いこなしたいのであれば有料のものも検討してみましょう。