お金の本当に正しい使い方

男を上げる腕時計3選~Watch~

みなさんは、腕時計をはめる主義でしょうか? 「ケータイがあるからいいや」…今は誰もがそんな風に考えてしまいがちです。しかし、腕時計は1つのアクセサリーでもあります。腕に身につけておくだけで、全体的なファッションの印象もかなり向上します。

これまで興味がなかった方も、5000円~1万円で時計を手に入れてみてはいかがでしょうか? ブランドにこだわらなければ、それなりに上質な品が見つかるはずです。

≪国産ブランドを狙おう~Brand~

リーズナブルな値段で腕時計を手に入れたいならば、なるべく国産の品をターゲットにした方がいいでしょう。海外の廉価品は故障しやすく、時計としての強度も微妙です。おすすめのブランドをいくつか紹介するので、どうぞ参考にしてください。


★CASIO
カメラなどでも有名な国産ブランドCASIOの腕時計も、1つの候補になります。おすすめはやはりG-SHOCKです。タフな作りと、ストップウォッチや気温表示の機能まで付いた優れもの。クレイジーカラーと呼ばれるシリーズならば、1万円前後で手に入ります。より廉価なものを、夏用に白、秋冬用にブラックでゲットするのもアリでしょう。


★SEIKO
国産の廉価ウォッチブランドと言えば、SEIKOでしょう。そもそも時計作りには定評があり、壁時計などにも多いブランドです。逆輸入のパイロットクロノグラフでも、安いネットショップならば1万円前後で手に入ります。もちろん、もっとリーズナブルなモデルも数多くリリースされています。高級感もあるデザインなので、狙い目かもしれません。

≪海外ブランドならばDIESEL一択!~Diesel~

若者から絶大な人気を誇る高級ファッションブランドDIESEL。しかし、そもそもは作業用のウェアを作っていたブランドでもあり、特定のアイテムはそこまで高くないという特徴もあります。時計もまた、国産の中級ブランドと似たような価格で手に入ります。

ネットショップをこまめに覗いて、1万円程度のアウトレット品(型後れのモデル)を見つけましょう。シンプルなデザインのものならば、頻繁にセールに出されています。

時計は、着ける人の品位をぐっと磨いてくれます。「責任感のある人なんだろう」「時間に追われるほど忙しい人なんだろう」、そんなイメージを持ってもらえるでしょう。自分の「付加価値」を高めて上手に世渡りしていくためにも、時計で男の「格」を上げてください。