お金の本当に正しい使い方

手軽に使える8インチWindowsタブレット~Windows-tablet~

今まで小型のタブレットと言えばiPad mini、もしくはNexus7などのAndroidタブレットでした。しかしようやくWindowsタブレットにも8インチサイズのものが続々登場しています。小型軽量、そして3万円程度で購入できるというメリットがありますので、サブPCが必要な方にオススメです。

≪安い!小さい!軽い!が最大のメリット~メリット~

8インチWindowsタブレットの良い所は、安価でありながらMicrosoftOfficeが付属してくる点です。WordやExcelといったソフトはビジネスマンにとって必須のツール。しかし購入すると意外に大きな出費となるので、これが3万円程度のタブレットについてくるのは非常に嬉しいメリットと言えます。

また、そもそもWindowsマシンがこの価格で購入できるというのも大きな利点のひとつです。以前流行したネットブックなども2~3万円で購入することはできましたが、今利用するにはスペックが不十分です。現行のノートパソコンを探してもここまで安価なものはなかなか見つかりませんので、サブPCを必要としている人には最適な一台と言えるでしょう。

さらに、8インチWindowsタブレットの最大の利点はなんと言ってもその軽さです。今までも10インチ程度のものは発売されていましたが、持ち運ぶには少し大きく、そして重かったのがネックでした。その点8インチWindowsタブレットはコンパクトであることはもちろん、機種によっては400gを切るものまであります。

「タブレットは欲しいけど、Androidなどでは仕事をするのに不便。だけど大きくて重いWindowsタブレットは欲しくない」という方にはピッタリのデバイスと言えます。

≪スペックやアプリには不安も残ります・・・~Uneasiness~

コンパクトで軽量な8インチWindowsタブレットですが、もちろん弱点もあります。ひとつはなんと言っても低スペックであることです。動画や画像などの編集といった比較的重たい処理を行う場合には、やはり非力さが目立ちます。ゲームなどもやはりサクサク、とまではいかないでしょう。

また、Windowsストアも頑張ってはいますが、iOSやAndroidなどに比べるとアプリ数が少ないことも気になるところです。そのため、タブレット的な用途で使用するには少し使いづらさを感じてしまうかもしれません。

ただし、メールの送受信やMicrosoftOfficeでの資料作成には十分な性能があるとも言えますので、あくまでサブとして利用する分には良いかも知れません。アプリも今後徐々に増えてくる可能性もありますから、しばらくはデスクトップのソフトなどと併用して使用するのが良いでしょう。

WindowsPCがここまで安く購入できるのは非常に魅力的です。さらに小型・軽量なので、外出先で資料作成などをする方にはとても便利でしょう。まだまだ性能やアプリ数に不安もありますが、一台持っておいて損はないと言えるでしょう。